topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2014.08.05 Tue

リパのスキル考察その2 ○バックスラッシュ

位置調整スキルとして何かと使い勝手の良いスキル。
ただしそれ自体の威力が低く、連闘によるスピニングエッジ強化が超強力なので、
実質バック→エッジが固定連携。
後方跳躍よろしく進行方向と逆を向くことで前進スキルとしても使用可能。
スマッシュと違いスキル硬直がないこと、ムーンと違い単体でも通常の速度で出せる点を考えれば
単独で使用する分には一番良い。

これらのスキルを組み合わせてキー入れスマッシュ→バック→キー入れムーン(→フラッシュ)とかで
大幅に移動できる まぁリパでここまでやる必要もないが

キルガルの沼はフラッシュ2回→バックで安定して抜けられる

逆に威力が低いだけあってこれを当てる必要がなく、単に移動の為のスキルとしての割り切りが
出来るのはいいことかもしれない

特にすり抜けの効かない上、可能な限りフラッシュを温存しておきたいグレクトン、キルガルではバックによる後方取りは非常に多用する


◇闘志…バック自体の威力は低いのでなし
◇集中…実質エッジとセットなので、入れる場合はエッジ集中も。しかし合計8ptと重い。
◇連闘…バックエッジが強力たる所以の紋章。正面からでも脅威のクリ率を誇る。絶対に入れること。


○スピニングエッジ

前述のバック連闘と合わせて強力な主力スキルの一つ。
パッシブにより1hit毎にHPが1.5%回復という超効果があるので、そんじょそこらのIDならPOTを叩く必要すら
ない。リパのギルリアンが非常に安定する理由ともいえるだろう。

しかし、発生がそこまで早くなく、前スキルのバックで若干敵から離れてしまうのでタイミングを誤ると
スカってしまう。
攻撃に大幅な移動が伴うキルガルにおいては、少し注意した方がよい。

◇闘志…バックスピンの強力たる所以その2。バック連闘と合わせて絶対に入れよう。
◇減速…攻撃速度減少をは入れてはいけない(戒め)
◇集中…前述のとおり、入れるならバック集中とセットで。


○メテオストライク

リパの主砲。火力の高さはもとより、前方の超広範囲を攻撃、さらにダウン効果付きと非常に強力。
何度も書いている通り、サタンデスクリムーンメテオは超鉄板連携。

CT毎に打ちたいスキルなので、ムーンだけでなくデスクリからも高速化出来ることは覚えておいたほうが良い。
メテオのCTが空けたが、ムーンがCT中、デスクリは使えるというシーンは多々ある。

CTを大幅に軽減するスキル闇神降臨により、やく4秒程度までCTを縮めることができる。
後述の闇神発動中はこのメテオ連携のループが基本となる。

また、攻撃速度によってはサタンデスクリムーンから繋いでもメテオのCTが約1秒残る可能性がある。
リパの武器OPにCT軽減があると良いのはこの点もあるだろう。

「前方に置ける広範囲のダウン誘発スキル」と言うだけあって火力面を無視しても非常に使い勝手が良い。
グレクトンの自爆兵処理でも一役買うことが出来るということだ。

更に、メテオもキー入力で若干前進出来るので射程も相まって遠くはなれた敵にも非常に当てやすい。
スマッシュムーンメテオでキルガルの4連ぶんまわしの移動に追いついてしまうレベル。

ただし+の火力も相まって盾が手を出せない間、タゲを奪ってしまいがちなデメリットもある。
なるべくCT毎に打ちたいことは変わりないが、使うタイミングは考えよう。

◇闘志…主砲の威力UPに貢献するので必須。
◇必殺…主砲が主砲たる所以の紋章。ptは重いが必須。


○デッドリーリープ

命中した敵に対して接近出来る移動スキル。射程も17m程度とかなり長く、素の足回りが弱いリパにとっては
かなり重宝する。
キルガルでもこの性質はかなり頼れるので積極的に使おう。

また、紋章の一つに次に使うスキルを高速化するモノがある。
移動スキルとしてではなく、こちら目当てで使う場合も多い。
後述のダークエクスプロージョンと合わせた、リープエクスもまた主力連携。

ついついエクスと合わせがちだが、エクスと比べてCTが非常に短く、リープは使えるという状況は
結構あるのでやはり移動スキルとしても積極利用するべき。

また、スタン効果があることもお忘れなく。グレクトンのバフ抑止として使おう。

◇集中…これ+秘薬でCTを大幅に軽減できる。
更に移動スキルとしての使い勝手が良くなるので、キルガルでは是非入れたい。グレクトンのバフ対策にも。

◇迅速…次のスキルの発動速度+50%とかなり強力。
しかし、基本的に後方を取れるのでそこまでこれに頼るシーンは実はそこまで多くない。
但しグレクトン、キルガルになると話は別で、攻撃が遅いとチョロチョロ動くのでかなりスカリやすい。
攻撃速度が遅いエクスとのシナジーが高い。

短時間にまとまったダメージを与えることが重要となるので是非入れたい紋章。ptが非常に軽いのも魅力。

◇連闘…リープエクスが鉄板たる所以。迅速は抜きでも良いがこちらは絶対に入れよう。


○サタンフレイル

あらゆる連携の始動技として非常に優秀なスキル。発生の早さと範囲の広さもそれに拍車をかけている。
フラッシュと似たような性質を持ち、6秒以内であればもう1度発動することが出来る。
2回目のサタンにもしっかりと紋章の効果は乗るので、ムーン初期化と合わせると強いことはこの点から分かるだろう。

1つ重要な性質として、このスキルは「発動中のスキルモーションをリセットする」効果がある。
要するに本来ならば発動後硬直が生じるスキルの隙消しが出来るということだ。

そしてこれ自体が連携の始動技でもあることから、隙消しのサタンから別のスキルにつなぐ、
ということが出来るわけだ。
メルブラのリバースビートがイメージには近いかもしれない。

フラッシュを使わないので回避スキルの温存、位置がズレない点でも利用のメリットはある。

この点を踏まえればサタンは2連続で使用しないほうがいいことがわかるが、敢えて2連続で使用することで、
他スキルのCT調整としても使える。

スキルのCT状況を見て、その時その時で連携を構築してみよう。
他のスキルが全てCTで、かつサタンを2連続で使用しても空けない状況ならば、流石に温存したほうが良いが。


◇闘志…サタン自体は決して高火力とは言い難いので微妙。最大のネックはpt。これよりは連闘を入れたほうが良い。
◇時…移動速度減少のデバフを長くする。PvEではいらないんじゃね
◇連闘(デスクリ)…デスクリの威力増加。これによりデスクリも高火力スキルとして機能するようになる。
サタンデスクリと繋ぐ場面が多くないならば、外しても良いかもしれない。特にキルガル。
◇連闘(ムーン)…ムーンの威力増加。デスクリ連闘による威力増加と合わせて、ムーンが一層強力に。
上の連闘は外してもこちらは入れておいたほうが良いだろう。


○ダークエクスプロージョン

自分を中心として発動する、高威力広範囲のダウン誘発スキル。
発動の遅さと攻撃の長さがネックだが、紋章によってカバーは可能。
また、発動中はスタン耐性+スパアマが付くので、顔面受けにも一役買う。
グレクトンの4連波動を凌ぐのにも非常に便利。

このスキルの特徴として1段目の威力が高く、2段目の威力は約半分となる代わりにダウン誘発効果を持つ
ことが挙げられる。

つまり、火力として使うならば実は1段目だけでもかなりのダメージを取れるということだ。
ついつい出し切りを狙いたくなってしまうが、無理をせず割り切って1段止めをすることも状況によっては考えよう。

◇集中…CTが非常に長いので、一考の余地はある。しかし、攻撃の鈍さもあって実際のDPSはやや低めどころか、
その単発火力の高さがタゲ飛ばしの原因となってしまう。
この点を踏まえればCTを短縮してでも使いたいという程ではない。
◇迅速…攻撃速度を向上させる。テキスト上の数値に反して、結構速くはなるが、リープ迅速とどちらかだけで十分。


○スマッシュ

連携始動技の一つ。スタン効果のほか、キー入れで大きく前進できるので非常に使いやすい。
但し使用後の硬直が大きいので何かしらのスキルでキャンセルする必要がある。

スタン効果に期待するよりは、前進スキルとして利用する場面のほうが多いか。
グレクトンにはその効果を積極的に利用しよう。

◇集中…わざわざ入れるほどでもないが、グレクトンではアリ。
◇時…PvP向け。こちらもわざわざ入れるほどでもない。


○ダークウィップ

CTさえ明けていれば発動コストなしで使用できる上に、MPも回復できる割と壊れスキル。
まあCTの長さとモーションの長さがやや足を引っ張るので飛び抜けている印象はそこまでないが。
これがあるおかげでマナポがなくても全然問題なくスキルが回ってしまうのがなんとも言えない。

位置を固定しやすい敵ならかなり使いやすいのだが、キルガルにおいては途端に非常に使いづらいスキルと化す。
リープ迅速と合わせて使いこなそう。

ウィップからデスクリ、ムーンの連携もあることを忘れずに。

◇集中…CT軽減が必要なほどMPはカツカツにならないので不要。
◇精神…これを入れるならば集中で。


○ポジションチェンジ

闇の触手を飛ばして当てた後に再発動すると自分と対象の位置を入れ替え、スタン効果を付与する。
位置の入れ替えができない場合はスタン効果のみ発動する一風変わったスキル。

闇の触手のエフェクトが鬱陶しく、盾からは非常に嫌われがち。スタンが通らない相手には使わないか、
当てたら即再発動してしまおう。
グレクトンではその限りではなく、一つ保険として予めポジチェンを打っておくのはあり。
しかし、見てからでも十分間に合うのでできればそっちで。

一番ポジチェンが輝くのは間違いなくグレクトンだろう。

◇精神…いらない
◇集中…グレクトンでもいらないような気がする


☆闇神降臨

リパの火力を支える超性能スキル。この間のリパはほぼ確実にタゲを飛ばすと言っても良い。
CTの軽減対象はエクスを除く主力スキル辺り。
相手が動いて位置をずらす必要がない限りは、サタンデスクリムーンメテオのループで良いだろう。

効果の延長は出来るが、CTの軽減は出来ないので使うタイミングは考える事。
グレクトンは蜘蛛召喚中、キルガルはバリア1回目と3回目が定石らしい

とにかく上述のループを当てることが重要なので、可能な限り相手の隙を狙っていこう。


◇精神…発動コストを減らしてもしゃーなし
◇時…効果を延長することは火力の向上に貢献するので必須。
これによってメテオ連携が5回入るようになる(はず)。




こんなところですかねえ

とにかくリパで大事なのはひとつの連携にとらわれないことかなーと思いまする
その時その時で出来る連携を構築してみよう。勿論スキルと紋章の効果も踏まえた上で!
スポンサーサイト

タイトルなし «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

プロフィール

かしわぎひなめるでこぺでぃあ

Author:かしわぎひなめるでこぺでぃあ



でばいす
Mouse :ろけっと Kova[+]
Mouse Pad :ごらこん
Key Board :ROCCAT Arvo
Head Set : おーてく ATH-A900X

最新記事

カテゴリ

未分類 (33)
AVA (70)
別ゲー (17)
韓国AVA (5)
LOL (27)
TERA (22)
アケゲー (1)
ガンダムEXVS (45)
TW (6)
MW3 (30)
携帯ゲー (1)
アイマス (4)
pso2 (18)
bo2 (2)
dmc (4)
EDF4 (3)
TF2 (3)
UNIEL (2)
MGO3 (1)

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。